化学物質簡易分析サービス

History

経歴

2003年 環境分析室発足
XRF(日本電子製)によるRoHs指令物質の分析開始。
2008年 GC/MSによる欧州玩具基準に基づくフタル酸分析開始。
2010年 XRF(島津製)の導入。
2014年 XRF,GC/MSによる簡易分析サービスの提供を開始。
2017年 GC-MS自動測定サンプル設置を導入

Our Service

提供できるサービス内容

RoHS指令物質の簡易分析

鉛、カドミウム、水銀、クロム、 臭素、PBBs、PBDEs
※金属についてのみ6価クロムの特定まで可能
測定方法: IEC62321:2013

フタル酸エステルの簡易分析


測定方法:IEC62321-8:2017

 

ガスクロマトグラフ分析器GC/MS

(GC:アジレントテクノロジー社製/MS:日本電子製)
フタル酸エステル及びPBBs,PBDEs分析用

蛍光X線分析装置

蛍光X線分析器EDX-GP(島津製) 鉛、カドミウム、水銀、クロム、昊素分析用

Measurement Item

測定項目

測定項目 機器  

納入

 

 

価格

 

最小試料量
鉛、カドミウム、水銀総クロム、総臭素 EDX-GP 2営業日   70RMB/検体 5g
6種フタル酸エステル GC/MS 4営業日 300RMB/検体 10g
 PBBs/PBDEs GC/MS 4営業日 300RMB/検体 10g
六価クロム

試薬

2営業日   70RMB/検体 表面積>100cm2

Notice

備考

1. 7種フタル酸とは DBP、BBP、DEHP、DNOP、DINP、DIDP、DIBPを指します。
2. クロムは金属のメッキについてのみ六価クロムかの特定も行います。
3.  弊社の分析はあくまで簡易分析です。
4. 測定対象は均質材質毎となります。
5. 六価クロムの特定は純水煮沸抽出法により行います。

 

検査受付窓口

生産品目一覧化学物質簡易分析サービス